毎月1冊、本を読む!

デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

デザイン思考が世界を変える

この本について

タイトル デザイン思考が世界を変える
著者 ティム・ブラウン
出版社 早川書房
ページ数 320

なぜこの本を読んだのか?

デザインすることを仕事にしているので、タイトルに興味を持ち、デザイン思考ってなんだ??果たして自分にそれができているのか?その辺りを確認するために購入してみました。

気になった・印象に残った点

デザインはプロジェクトの上流工程へ

自分もそうですが、デザインをする場合、プロジェクトの上流工程でディレクターやマネージャー陣が予算やコンセプト、仕様・設計などを決めていき、それに沿った(その範囲内で)デザインをしていきます。ただ、その方法だとデザイナーからは全体が見えていないし、もっと根本的な問題がなんなのかがわかりにくいんですよね。Apple社のような?デザイン最優先で、まずはデザインを決め、それになんとか色々な機能を入れ込んでいくという企業もありますが、なかなか多くはないと思います。その理由のひとつは、経営陣や上流工程を決める人たちがデザイン思考(シンキング)ではないからだと、著者は指摘しています。
デザインをデザイナーだけに任せておくのは、時代遅れということです。もっとデザイナーの地位というか重要性を理解し、デザイン(思考)でもっとよくなる事はたくさんあるということですね。
また、もっと部署同士の垣根をこえて、様々な人たちと一緒にプロジェクトを進めるべきだとも言っています。そうすることで新たな発見があると。

ニーズを見つけるには洞察が必要

この本には「エスノグラフィー」という言葉がよく出てきます。調べてみると、観察調査とか、対象と一緒に行動・観察し対象者の視点に立って理解を深めよう、ということらしいです。確かにニーズを見つけるというのは、簡単なことではないと思います。長く対象を観察して、行動を分析してみないと発見できないと思います。また、観察ではダメで、洞察しなければならないそうです。洞察というのは観察した中から、あるものを見抜くということらしいです。つまり、観察していても行動パターンからは表面には出てこない、潜在ニーズを見つけ出さなければならないんですね。
そして、今までのような「消費者目線で」とか「消費者の代表として」ではなく、「消費者と手を取り合って」一緒に考えていかなければならないとも言っています。



プロトタイプの重要性

まずアイディアを思いついたら、とりあえず形にしてみます。つまりプロトタイプを作ってみます。このときに重要なのは、なるべく安価に制作し、あまり完璧なものを作らないということだそうです。その理由は、プロジェクトの予算も未定で実現するかどうかわからないし、ざっくりとしたもののほうがテストする段階で色々と発見しやすい?からだと言っています。また、プロトタイプ制作は「物」に限ったことではなく、組織やサービスなどにもおおいに適用できるそうです。プロトタイプを制作するには時間もコスト(少々)もかかりますが、長い目で見てプロジェクト全体が完了するまでの時間を考えると、結果的には時間短縮になっているとのこと。
確かに、自分でも何か作るときには頭の中だけではなく、実際に書いたり、切ったり貼ったりしてみます。そうすると、今まで見えなかった問題や課題が見えてきます。それ以外にも、なんとなく作る工程や感覚がわかり、スケジュールなんかも立てやすくなりますね。
とりあえず、手を動かしてみる。やっぱり、これって大事ですね!

まとめ

全体を通してなんとなく読みづらかったです。英語を日本語訳した独特の感じとういうか。。。また、基本的にはこれまでの実績や体験を話して(書いて)いるので、わかるといえばわかるのですが、どこまでいっても同じ話しにしか感じなくて、読み進めるのがちょっと大変でした。
ただ、上記にも書いたように、重要なポイントは理解できましたし、デザイン思考というのが今後いかに大事になってくるかという点もわかりました。

今回の「なるほど、そうだったのね」

この本で紹介されたいくつかの企業には、失敗を許す文化・社風があり、それがよりよいデザインや発見をもたらすとありました。その中でも、グーグルや3Mでは、勤務時間の最大20%を個人的な実験に費やすよう奨励されているそうです。もちろんそれで成果を出すのが前提というか、成果が出ると思っているのでしょうし、大企業だからこういった余裕があるのかもしれませんが、こういった取り組みが広まるのは良いことですよね!

関連記事

おすすめの本を教えてあげる

メールアドレスが公開されることはありません。

記事検索

カテゴリー

アーカイブ

今までに読んだ本

プロフィール

突如「本を読まなければ!」と思い、毎月最低1冊は読むことを決意。そしてこのブログにその本の感想も書くことに。仕事はWeb関係で、好きなジャンルは、経済、金融、投資、科学、アート、デザイン、IT、教育などなど。買う本は1,000円以内と決めています。おすすめの本があったら教えてください。

このサイトについて

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめなど、まとめサイトへの引用・転載はお断りしています。

お世話になっております

ドメイン取るなら!

SSLが無料のサーバー!