毎月1冊、本を読む!

美-「見えないものをみる」ということ (PHP新書)

美-「見えないものをみる」ということ

この本について

タイトル 美-「見えないものをみる」ということ
著者 福原義春
出版社 PHP研究所
ページ数 214

なぜこの本を読んだのか?

なんででしょう。。いつの時代も女性に人気の「資生堂」というワードに惹かれました。あとはアマゾンの紹介文にあった「リッチ」、「美意識」というワードにも興味が湧いたからですね。

気になった・印象に残った点

感じないから「カット」は良くない

技術の進歩により、すべてのものがより便利に、より機能的になっていますが、それによって失われたものがたくさんあると福原氏は指摘しています。例えばレコードからCD。このCDになる段階で、人間には聞こえない2万ヘルツ以上の音はカットされているそうです。ただ、資生堂の研究員によると、耳には聞こえていなくても、皮膚レベルで音を感じているんだそうです。2万ヘルツ以上の音がカットされていない場合、皮膚のバリア機能が上がるとか。
マッサージなんかも同じで、人の手によるハンドマッサージと機械によるものでは、効果は同じでも感じるものが違うんだそうです。これはななんとなくわかりますよね。手のぬくもりとか安心感とかって大事。

日本の文化ってなに?

これってなかなか難しいですよね。ひらがな?和食?本当に日本独自の、日本発祥の文化ってなかなか無い気がします。福原氏いわく、中国からの影響は大きく、漢字以外にも実は「わびさび」なんかも中国由来だそうです。ただ、そういった外国の文化をそのまま取り入れるのではなく、日本風にアレンジして取り入れてきたと。そして、そういった良いものはどんどん取り入れつつ、発展していくといことが、日本の文化なのでは?と福原氏は考えているようです。他にも日本人は小さいものが好きで、小さくまとめることが得意だとも指摘していますね。



自然に触れることはとても重要

日本という四季が感じられる国にいるのだから、自然に触れ、自然を感じなければもったいないですよね。この本の中でも、病気がちだった方が自然の中でしばらく過ごしたところ、みるみる回復したという話もあったように、その力はとても強力なんですね。それから、自然の中にあるインパクト。長い歴史の中で創られた造形美、迫力、美しさは大いに感動を与えてくれるそうです。
また、こういった体験、経験が本業の仕事にも良い影響を与えてくれるとも指摘しています。趣味を増やし(アウトドア的なものに限らず)、自然に触れ、多くの知見を得ることが、自分の中で絡み合い良い結果を生み出すということですね。

まとめ

とにかく、全体を通して「本物に触れなさい」という本でした。芸術品でも自然でも、写真や映像、ネットの情報だけではなく、実際に体験してみることが大事だということですね。そうすることで、人間が本来持っている感覚が刺激され、真贋を見極める力がつく。そのためには、外に出てリアルの体験をし、読書をして教養を蓄える。ここでいう教養とは単なる知識ではなく、その知識を通して培った人としての品格だったりを指しています。「文明は文化を駆逐する」という言葉にあるように、より便利になった現代で、わざわざ時間をかけて何かをする。これはある種贅沢とも言えますし、こういった行動が日本の「文化」を永続させることにつながっていくのですね。

今回の「なるほど、そうだったのね」

資生堂の飲食店って、資生堂パーラーだけじゃないんですね。高級フレンチのお店「ロオジエ」もあるということを初めて知りました。資生堂パーラーでは一度だけお茶したことがありますが、確かに「リッチ」で高貴な感じがしました。資生堂というと、どうしても「化粧品の会社」というイメージですが、以外にもこういった飲食店の運営や、ギャラリーなどのメセナ活動も行なっているんですね。こういったこともすべては「ものごとをリッチに」「本物に触れる」という考えがあるからなのでしょう。
ランチでも高いけど、ロオジエにも行ってみたい!

美-「見えないものをみる」ということ (PHP新書)

新品価格
¥821から
(2017/11/8 16:39時点)

関連記事

おすすめの本を教えてあげる

メールアドレスが公開されることはありません。

記事検索

カテゴリー

アーカイブ

今までに読んだ本

プロフィール

突如「本を読まなければ!」と思い、毎月最低1冊は読むことを決意。そしてこのブログにその本の感想も書くことに。仕事はWeb関係で、好きなジャンルは、経済、金融、投資、科学、アート、デザイン、IT、教育などなど。買う本は1,000円以内と決めています。おすすめの本があったら教えてください。

このサイトについて

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめなど、まとめサイトへの引用・転載はお断りしています。

お世話になっております

ドメイン取るなら!

SSLが無料のサーバー!